• top
  • 購入方法
  • カートの有効時間と購入方法

カートの有効時間と購入方法

有効時間について

有効時間とは?
それぞれの商品には、カートに入れてから決済が完了するまでの有効時間が設定されています。
購入者は、商品をカートに入れたあと、設定された有効時間内に決済をしなければなりません。
商品をカートに入れたままにして有効時間が切れてしまうと、その商品はカートから消えて出品ディーラーの在庫に戻ることになります。
この場合、商品を再び購入するためには、もう一度、カートに入れ直す必要があります。
商品に設定された有効時間
商品に設定された有効時間は、「商品ページ」や「カートの中」で確認することができます。
有効時間は、出品ディーラーが、30分、45分、60分の中から任意で設定しています。
有効時間が過ぎてしまった場合
有効時間が過ぎてしまうと、カートの中のその商品は購入することができません。

カートの中に商品が入っている状態では、購入者が有効時間の間だけ、その商品の購入権利を持っているという事になります。
そのため、有効時間が切れると、その商品の購入権利は消滅し、商品はカートの中から出品者の在庫へと戻ってしまいます。

再び、その商品を購入するには、カートの中に残った「有効時間切れの商品記録」を削除してから、もう一度、商品をカートに入れ直す必要があります。
【ご注意】
商品は有効時間内にカートから決済画面に進めば良いのではなく、決済までを完了させなければなりません。
決済手続きは、有効時間を気にしながら、余裕を持って早めにお済ませください。
決済が完了したのに購入ができなかったケース
有効時間は、決済手続きのために最低でも30分と余裕を持った設定になっています。
しかし、カートから決済会社の決済画面に移った後に有効期限が切れてしまった場合、決済手続き自体は完了しても、商品の購入ができない結果となります。
これは、決済会社の手続き画面に移った後は、有効時間が切れて商品の購入権利が消失してしまっても、手続き自体は途中で中止することができないためです。
この場合は、後日、実行委員会から購入ができなかった事をメールでお知らせし、商品代金の返金を行わせていただきます。

このようなことが起こらいないよう、必ず有効時間内に余裕を持って決済手続きをお済ませください。
複数商品における有効時間
カート内に複数の商品が入っている場合、有効時間の最も早い商品から購入できなくなっていきます。

例えば、4つの商品を購入しようと決済手続きをした際、一つの商品だけ有効時間が切れてしまったとします。
この場合、決済手続き自体は全ての商品代金において完了しますが、購入できたのは有効時間のあった3商品のみで、有効時間の切れてしまった商品は購入できなかったことになります。

すなわち、複数の商品をまとめて購入する場合、残された有効時間が最も短い商品に合わせて決済を完了しなくてはなりません。

カートのご利用方法

商品をカートに入れてから、購入が完了するまで、3つのステップがあります。

1 ショッピングカート
  • 1-① 商品をカートに入れた際、ショッピングカートのページにその商品の詳細が表示されます。
  • 1-② 「お気に入りリスト」からカートに入れた場合は、購入数量をここで選択してください。
  • 1-③ 購入する商品の内容と、その他の情報をご確認ください。また、商品のお届け時間の指定もこのページで設定可能です。
  • 1-④ 全ての確認が終わったら、右下から「購入手続き」にお進みください。
2 内容・情報の確認、支払い方法の選択
  • 2-① 購入内容のご確認と共に、必要事項の選択をしていただきます。
  • 2-② お支払い方法の選択をお願いします。
  • 2-③ 配送先の選択をお願いします。
  • 2-④ 参加利用規約等に同意していただき、「注文を確定」してください。
3 決済手続き〔ご購入完了〕
  • 3-① 決済会社の決済手続きページに進みます。
  • 3-② 必要事項をご入力の上、決済を行ってください。
  • 3-③ 決済手続き終了後、ご購入が完了です。